適正価格の理由

多数の自治体様から支持をいただいている『カイホウおまかせサポート』。
その特徴のひとつに「サポートの適正価格」が挙げられますが、それを可能にしているのは「流通の見直し」と「オーダーメイドのろ布の開発」です。

1.流通の見直し

焼却炉に関するすべてのメンテナンスをプラントメーカーに一括して発注している場合、 バグフィルターろ布交換工事は通常、以下の工程になります。

プラントメーカー経由のバグフィルターろ布交換工事

この流れだと、工事に複数の業者が介入してしまうため、ろ布そのもの価格やバグフィルターろ布交換工事の価格が不透明になりやすく、当然、価格が上がる可能性が高くなります。

『カイホウおまかせサポート』は、焼却施設のメンテナンス工事の中で、バグフィルターろ布交換工事に関するものを一括してお引き受けいたします。 施工業者である私たちに直接発注していただくことで、作業担当でない業者が介入することがなくなり、工事単価が明確化され、適正な価格で工事が行なわれることになります。

バグフィルターろ布交換工事は、プラントメーカーや、他一般工事業者が請け負う場合も多いのですが、当サポートなら、バグフィルターろ布交換工事を主力工事として約10年間の実績を誇っており、高い技術力とノウハウ、アフターサービスで、安全で堅実、さらに適正なサポートを提供できます。

カイホウおまかせサポート工事専門チームの図
2.オリジナルろ布の開発
オリジナルろ布

当サポートでは既存のろ布にとらわれず、各施設に最適な素材のろ布を選定し、適正な価格で提案いたしております。

交換するろ布の製造メーカーを指定してしまっているため、そのろ布を利用できる限られた業者のみでの入札となってしまい、 結果的に価格の高値安定を招いてしまっているケースをよく見かけます。しかし、 同等の性能を持つ(特定メーカー以外の) ろ布を使用することで、コストダウンが可能となるのです。

当サポートでは、既存のろ布の素材と形状(長さ、径)と、簡単な施設特徴(炉内温度、使用状況)などから、ろ布のスペックを調査し、素材を吟味して、 耐熱温度別・耐薬品別に取り揃えた様々な素材のろ布のなかから、施設の仕様にあったろ布を適正な価格でご提案させていただきます。尚、当社の選定調査の技術力は、 約13年で170件以上の実績が立証しております。

〔素材の違いによるろ布の耐熱、耐薬品別の特性一覧〕
耐熱温度 素材(主材料) 耐アルカリ性 耐酸性
200〜249℃ PTFE
ガラス(二重織を含む)
150〜199℃ P84
耐熱ナイロン
PPS
100〜149℃ アクリル
ポリエステル ×
50〜99℃ ナイロン
ポリエステル
〔フィルターメーカー別ガラス二重織ろ布スペック一覧〕
  A社 B社 C社
厚さ 0.85±0.15 0.85±0.15 0.9±0.1
引張強さ(daN/50mm) タテ 2300以上 2200以上 14000以上
引張強さ(daN/50mm) ヨコ 1000以上 1700以上 1000以上
質量(g/m2 880±74 880±74 880±60
密度(25mm/本) 48±2 48±2 48±2
通気度(cc/sec/cm2 11±6 10±4 12±7

上記のデータからもわかるように、現在使用しているろ布のスペックを充分に調査し、吟味することで、現在のものと同等の性能で、より安価なろ布をオーダーメイドで作成し、 使用することが可能となります。ご使用のろ布に関して、何でもお気軽にご相談ください。

また、ろ布のみの販売もいたしております。お問い合わせください。

その他、サポートに関してよくいただくご質問等については「よくあるご質問」ページにまとめておりますので、ご覧ください。 

 

ご相談窓口はこちら
バグフィルターのろ布のみの販売承ります。

コストダウンにつながる当サポート提案のオーダーメイドろ布をつくりませんか?
施設の使用状況や特徴に応じたろ布のご提案いたします!

自慢のサポート実績

関東を中心に170件以上に及ぶ当社実績です。(別ウィンドウでpdfファイルが開きます。)

2012.09.06更新!

総実績一覧 業務別実績 都道府県別実績

お問合せ先
株式会社開邦工業
東京支社 

〒105-0014
東京都港区芝1-11-16
ニチリンビル7F

TEL:
03-5848-6716

FAX:
03-5730-3933

ダイオキシン類ばく露防止対策

「カイホウおまかせサポート」では、ダイオキシン類ばく露防止対策を行っています。