ろ布交換の流れ

バグフィルターのろ布は消耗品です。期間の使用により破損、劣化すると、ダイオキシン類等含んだダストを施設外に排出してしまうおそれがあります。 焼却プラントが示す交換のサインを感じたら、早めにろ布交換工事とその工事の見積り依頼をご検討ください。

「カイホウおまかせサポート」のろ布交換工事は以下のような流れになっています。

ろ布交換工事前までの流れ
1.お見積り
ろ布の採寸

当サポートでは

  • 形状 (径のサイズ、縦の長さ)
  • 材質 (ポリエステル、ポリプロピリン、耐熱ナイロン、アクリル、PPS、ガラス繊維、PTFE、ポリイミド、など)
  • 予定本数

が判明すれば、取り急ぎ、ろ布の簡単なお見積りが可能です。さらに、施設の場所等の情報を確認後、交換工事のお見積りもいたします。

2.ろ布製作
ろ布製作

発注が決まりましたら、お見積りのときに確認した寸法等のほかに、集塵機メーカー・図面の有無・付属品の形状・使用条件・温度環境等の細かい調査を行い、施設にマッチしたオーダーメイドのろ布の製作にとりかかります。

また、ご要望があれば、ろ布の吊下試験(テストろ布)も行います。

3.打ち合わせ
打ち合わせ

バグフィルターろ布交換工事は、焼却施設を停止しなければならないため、あらかじめ細かいお打ち合わせが必要です。

  • 炉を停止させる時期と期間は?
  • その間の業務はどうするのか?
  • どういうやり方でやるのか?(1炉又は複数炉するのか、順番はどうするのか等)

…など、細かく打ち合わせをして、最も効率のよい形で工事をすすめてまいります。

ろ布交換工事の流れ
1.作業準備
作業の前の準備運動

作業24時間前には、バグフィルター保温用ヒーターを停止し、パルス洗浄を行って、なるべくダストを落としておきます。
資材の搬入が終了したら、作業の準備に入ります。

2.現場の養生
現場の養生

施設内を養生することにより、ダイオキシン類を含んだダストが外部に流出するのを防ぎます。仮設養生の出口にはエアシャワーを設置します。

また、飛散したダストが、集じん機周辺の機器類に入り込んでしまうと、故障の原因になってしまうので、機器周辺は特に丁寧に養生します。

3.点検口開放
点検口開放

まずは、集じん機の上部に上り、点検口の開放を行います。
ろ布の取り外し、取付けはここから行います。

4.リテーナー抜き取り
リテーナー抜き取り

点検口を開け、リテーナー(保持器)を抜き取ります。

リテーナーは、腐食及び歪みのチェックをしながら実施します。

5.既存のろ布取り外し
既存のろ布取り外し

リテーナーを抜き取った後、ろ布を取り外していきます。

取り外した使用済みのろ布には、ダイオキシン類を含んだダストが付着しているので、飛散防止のため密閉袋に入れておきます。

6.新規ろ布の取り付け
取り付けられた新規ろ布

ろ布を取り外し、集じん機内を清掃した後、新規ろ布を取り付けます。

ろ布取り付け後に再びリテーナーを取り付けます。

7.ろ布の間隔調整
ろ布の間隔調整

集じん機が効率よく作動するよう、吊下げ間隔の調整を行います。

上部作業者と下部作業者が連絡を取り合いながら行います。
ろ布同士が接したり、間隔が開きすぎてしまわないように注意して調整します。

8.パッキンの取り付け
パッキンの取り付け

点検口のパッキンは、長期間の使用で痛みが激しくなっている場合がほとんどです。

パッキンが破損していると、空気が漏れこみ、集じん機の能力が落ちてしまうので取り替えます。

9.コーティング
コーティング中のろ布

正式にはプレコーティングといいます。

ろ布の表面を守るため、また適切な差圧を保つため、ろ布の表面積1m2あたり200gを基準に珪藻土等を噴霧します。 このプレコーティングは、実施手順、ろ布の材質による差圧調整、使用材料の選定など、施設によって異なる部分が多いので、以前の資料や現在の状況などを見て慎重におこないます。

10.試運転確認&性能測定
性能測定中

試運転時に、通常の運転で問題がないか細かくチェックします。特にバグフィルター通過時の温度の状況や、差圧の急激な変化には注意を払います。

長期間の使用で目詰まりしたり、破損して穴が開いたろ布から、新しいろ布に交換したわけですから、以前の状態からは差圧等の変化があって当然です。 当サポートではこの場合の微調整についても、的確なアドバイスをさせていただきます。

11.使用済ろ布の処分
使用済ろ布の処分

交換したろ布は、特別管理産業廃棄物として適正に処分します。

ごみ焼却炉の場合、自家処理(自己の焼却炉で処分)することも問題はないとされています。

12.業務再開前の確認
通常業務の確認

工事前と同じ能率で焼却炉の運転が可能かどうかを確認します。

当サポートでは、業務再開前の差圧等の微調整についても、的確なアドバイスをさせていただきます。

通常運転再開後に発生した不具合などありましたら、すぐにご連絡下さい。 調査を行い、詳しい原因を探ります。

ご相談窓口はこちら
バグフィルターのろ布のみの販売承ります。

コストダウンにつながる当サポート提案のオーダーメイドろ布をつくりませんか?
施設の使用状況や特徴に応じたろ布のご提案いたします!

自慢のサポート実績

関東を中心に170件以上に及ぶ当社実績です。(別ウィンドウでpdfファイルが開きます。)

2012.09.06更新!

総実績一覧 業務別実績 都道府県別実績

お問合せ先
株式会社開邦工業
東京支社 

〒105-0014
東京都港区芝1-11-16
ニチリンビル7F

TEL:
03-5848-6716

FAX:
03-5730-3933

ダイオキシン類ばく露防止対策

「カイホウおまかせサポート」では、ダイオキシン類ばく露防止対策を行っています。